HOME拠点事業 ≫ 平成31年度採択プロジェクト

平成31年度採択プロジェクト(15件)

日本の労働市場における人的資本と、就職、転職、昇進の関係に関する体系的な分析
研究代表者:大湾 秀雄(早稲田大学)
植民地下朝鮮の工業化:『工場名簿』からの接近
研究代表者:李 昌玟(韓国外国語大学)
Reconsidering the boundary between self-employment and wage work: a comparison between Japan and France
研究代表者:Akiko Suwa-Eisenmann(Paris School of Economics )
The effect of importing, exporting, and foreign direct investment on the demand for skills and occupations and its implications on young and old workers as well as regular and non-regular jobs.
研究代表者:笠原 博幸(ブリティッシュコロンビア大学)
公⽴⾼等学校入試選抜の学区撤廃が⾼校生の進学⾏動に与えた影響の研究
研究代表者:小川 亮(大阪市立大学)
フィリピン長期経済統計における労働力と人口
研究代表者:千葉 芳広(北海道医療大学)
大規模小売店の閉店が地域内購買活動に与える影響に関する実証分析
研究代表者:宮内 悠平(スタンフォード大学)
Temporal structures of gender inequalities in Japan
研究代表者:Man-Yee Kan(University of Oxford)
民間給与実態調査の統計的性質の把握と障がい者の賃金構造の分析
研究代表者:三好 向洋(愛知学院大学)
近世日本農村の資産モビリティ:安達郡仁井田村の事例, 1720-1880
研究代表者:黒須 里美(麗澤大学)
Ideal number of children in families. Comparative Study of Japan, Germany, Ukraine and the United Arab Emirates
研究代表者:Kseniia Gatskova(Leibniz Institute for East and Southeast European Studies)
Globalization, purdah and women's labor force participation in South Asia
研究代表者:Ian Coxhead(University of Wisconsin-Madison)
産業別労働生産性の長期推計と国際比較
研究代表者:攝津 斉彦(武蔵大学)
地域情報を考慮した人口減少下の税・社会保障制度と家計行動の関係についての実証研究
研究代表者:伊藤 伸介(中央大学)
Information Frictions in Firm-to-Firm Trade: Evidence from a Randomized Control Trial in Japan
研究代表者:宮川 大介(一橋大学)