HOME研究所紹介 ≫ 外部資金の獲得状況 2022年度

外部資金の獲得状況 2022年度

過去の外部資金獲得実績

【文部科学省科学研究費助成事業】

* 2022年4月現在

研究種目
課題番号
研究代表者

直接経費(千円)

研究課題 研究終了年度
基盤研究(A)
20H00073
渡部敏明 11,500 大規模・高頻度データを用いた資産価格変動のリスクと景気循環の計量分析 2022年度
基盤研究(A)
19H00592
神林龍 9,100 自営業の衰退:再訪 2023年度
基盤研究(A)
22H00060
手島健介 7,300 開発途上国におけるグローバルサプライチェーン参加要因とその影響の研究 2025年度
基盤研究(B)
18H00844
有本寛

---

「noisyな経験財」のレモン市場問題:発展途上国の粗悪肥料問題を事例に 2021年度(繰越)
基盤研究(B)
18H00864
森口千晶 --- 食品価格と栄養摂取のミクロ実証分析:栄養格差の経済学的考察 2020年度繰越
基盤研究(B)
19H01467
阿部修人 3,000 家計消費行動における分離可能性・集合財の検証 2022年度
基盤研究(B)
19H01478
雲和広 2,800 ロシアにおける人口減少の研究:大規模個票データとミクロヒストリーの融合 2022年度
基盤研究(B)
19H01497
臼井恵美子 2,600 高校生男女の大学学部選択要因の実証分析:将来的な女性活躍推進への提言に向けて 2022年度
基盤研究(B)
20H01475
山本裕一 2,400 Bayesian Learning with Model Misspecification 2024年度
基盤研究(B)
20H01489
岩崎一郎 2,000 中国と東欧の比較企業システム論 2024年度
基盤研究(B)
20H01490
陣内了 3,600 資産価格バブルと金融規制: 繰り返しバブルと期待の役割 2023年度
基盤研究(B)
21H00729
植杉威一郎 3,800 地域金融市場の効率性とCOVID-19の影響 2023年度
基盤研究(B)
21H00723
田中万理 5,500 発展途上国における労働組合の自由の確立と組合結成の影響について 2023年度
基盤研究(B)
22H00838
森田穂高 3,400 部分的結合を伴う企業間提携に関する研究:新たな産業組織理論分析と競争政策への含意 2025年度
基盤研究(C)
18K01540
久保庭眞彰 --- ロシアの新規大規模産業連関表とそのグローバル経済分析への応用に関する総合研究 2020年度(事業期間再延長)
基盤研究(C)
19K01491
河本和子 --- 社会主義体制における個人の経済活動と自由 2021年度(事業期間1年延長)
基盤研究(C)
20K01627
都留康 1,300 協力的行動,経済的インセンティブ,社会的評判-Q&Aサイトの自然実験 2022年度
基盤研究(C)
20K01704
本田衞子 1,000 病院勤務医師の行動変化に関する実証分析 2022年度
基盤研究(C)
20K01722
小塩隆士 900 健康の社会的決定要因に関するパネル分析 2022年度
基盤研究(C)
20K01743
左三川郁子 ---(初年度一括交付) わが国の長寿化が金融政策に及ぼす影響 2022年度
基盤研究(C)
22K01496
久保庭眞彰 1,400 ロシアにおける資源依存経済の形成・変容と脱炭素経済への移行に関する総合的研究 2024年度
基盤研究(C)
22K01388
吉原直毅 1,000 気候変動危機下の経済システム論:事実解明的・規範的分析 2024年度
基盤研究(C)
22K01328
河本和子 1,100 社会主義における経済活動の自由の政治的意味 2024年度
挑戦的研究(萌芽)
19K21688
神林龍 --- 第二次世界大戦が日本社会に与えた影響を「郷土聯隊」から考える 2021年度(事業期間1年延長)
挑戦的研究(萌芽)
21K18422
森田穂高 600 ポストコロナ時代のテレワーク:新たな働き方が社会に及ぼす影響 2023年度
若手研究
19K20360
奥村圭司

---

結合振動子系における独立ノイズ誘起のカオス同期現象の研究 2021年度(事業期間1年延長)
若手研究
21K13256
高山直樹 700 不完備情報下のマクロ経済学:楽観/悲観は景気変動を生み出すか? 2025年度
若手研究
21K13269
澤田真行 600 因果推論仮定の検定と代替的識別・推定方法の研究 2025年度
若手研究
18K12764
中川万理子 --- 言語的障壁・スキルトランスファーと国際移民 2020年度(事業期間再延長)
若手研究
22K13381
佐藤進 900 プラットフォーム設計とプラットフォーム競争の相互連関に関する理論的研究 2026年度
若手研究
22K13363
高橋悠太 2,400 先進国における低成長の原因の特定 2024年度
若手研究
22K13414
タンワッチャラポン・メラディー 1,800 A Causal Approach to Understanding the Roles and Impacts of Media, Public Opinion, and Public Policy 2024年度
若手研究
22K13382
中川万理子 800 政治的中心性に関する空間経済分析:エスニック・グループ居住域に着目して 2026年度
研究活動スタート支援
19K23221
高山直樹 --- 家族のマクロ経済学:何が結婚と居住を決めるのか 2020年度(事業期間再延長)
研究活動スタート支援
20K22087
湯淺史朗 --- 資産価格バブルの発生時点を予測するマクロ経済モデルに関する基礎理論研究 2021年度(事業期間1年延長)
研究活動スタート支援
20K22117
佐藤進 --- 垂直統合プラットフォームによる非価格的制度設計の理論分析 2021年度(事業期間1年延長)
特別研究員奨励費
(外国人特別研究員)
20F20309
黒崎卓(UMER HAMZA) 600 イスラーム金融による農業融資は在来型融資よりも有効か?パキスタンの実証研究 2022年度
国際共同研究加速基金
(国際共同研究強化A)
18KK0361
陣内了 --- 繰り返しバブルと経済成長および景気循環の研究 2021年度(事業期間1年延長)
国際共同研究加速基金
(国際共同研究強化B)
19KK0036
岩崎一郎 1,100 国際制裁下ロシアの国家,地域及び企業社会:日米露共同研究プロジェクト 2023年度
国際共同研究加速基金
(帰国発展研究)
16K21741
森田穂高 --- 新たな視点からの産業組織論分析:「ヒト」に光をあてる 2020年度(事業期間再延長)
国際共同研究加速基金
(帰国発展研究)
18K19955
手島健介 --- グローバリゼーションと治安・健康・環境リスクの相互作用の分析 2021年度(事業期間1年延長)

【その他の外部資金】

事業 研究担当者 直接経費
(千円)
研究領域
研究課題
研究終了年度
戦略的創造研究推進事業 臼井恵美子 (研究代表者:永瀬伸子) 766 人と情報のエコシステム研究開発領域
AI等テクノロジーと世帯における無償労働の未来: 日英比較から
2022年度

研究種目
課題番号
業務主任者 直接経費
(千円)
研究課題 研究終了年度
課題設定による先導的人文学・社会科学研究推進事業
人文学・社会科学データインフラストラクチャー構築プログラム
深尾京司 24,500 拠点機関におけるデータ共有基盤の構築・強化委託業務 2023年度

(2022/4/1 更新)