HOME教員紹介 ≫ 臼井 恵美子 USUI, Emiko

臼井 恵美子USUI, Emiko

教授 / 経済制度・経済政策研究部門

 専門分野:労働経済学

 科学研究費補助金研究者番号:50467263

ml_usui.png

hri.gif  cv3.gif  webpage.gif  

in_english.gif

usui_e.jpg

 

研究歴

女性の働き方、中高年齢者の働き方の研究の主な内容
 
男女間の賃金格差、特に、男性比率の高い仕事(男性職)と女性比率の高い仕事(女性職)との間の賃金格差に関する研究に取り組んできた。男性職は女性職よりも労働条件がきつい傾向があるが、男性職の賃金は、その仕事のきつさを補償する額(きつさに見合う額)よりも高いことを明らかにした。
 
「くらしと健康の調査(Japanese Study of Aging and Retirement, JSTAR)」、「くらしと仕事に関する調査」の質問票設計に携わり、それらの調査に基づいて下記の研究を推進した。
①日本における母乳育児と親の働き方の関わりについて、母親が出産後に仕事に復職する場合、授乳期間が短くなること、さらに、父親がフレックスタイム制のような、より柔軟な働き方をする場合、母乳育児が多くなり、授乳期間も延びることを確認した。父親の育児への協力が母乳育児を促進する可能性を示した。
②雇用者であった日本の男性の多くは、60歳以降も働き続ける能力や体力を有しているが、 定年制度や年金制度などの要因から制約を受けるため 、「もっと長い時間働きたいがそれができない(=underemployed)」という状況にあり、思うように働き続けていない可能性があることを示した。
 

現在進行中の研究プロジェクト

女性や高齢者の働き方、学生の進路選択、米国の人種間賃金格差、 補償賃金仮説、サーチ理論


◎キーワード

労働経済学、補償賃金仮説、サーチ理論、調査票設計