HOME ≫ 研究成果

業績一覧

専属スタッフのロシア経済及びロシア経済を分析対象に含む研究業績の一覧です。ペーパー名をクリックすると,論文そのものないしはその要旨をご覧になれます。

2017年

● 雲和広,「ロシア極東の人口動態とその展望:チュコートカを事例として」(共著)『ロシア・ユーラシアの経済と社会』,第1012号,2017年,pp.2-22.

● 雲和広,「ポスト・ソビエト期における資源利用の変化と人口動態への影響:チュクチ自治管区」(共著)『ロシア・ユーラシアの経済と社会』,第1012号,2017年,pp.23-46.

● Litvinenko, T. and K. Kumo, Post-soviet period changes in resource utilization and their impact on population dynamics in chukotka autonomous okrug (Russia). Geography, Environment, Sustainability (GES Journal), Vol.11, No 3, 2017, pp. 66-86. DOI-10.24057/2071-9388-2017-11-3-66-86.

● Iwasaki, I. and P. Havlik, Economics of European Crises and Emerging Markets, Palgrave Macmillan, Singapore, 2017.

● Iwasaki, I. and P. Havlik, “The Impact of Crisis on Firm Creation and Regeneration in Russia: Regional Panel Data Analysis”, In: Iwasaki, I. and P. Havlik, Economics of European Crises and Emerging Markets. Palgrave Macmillan,Singapore, 2017, pp. 263-296. 

● Iwasaki, I. and A. Uegaki, “Central Bank Independence and Inflation in Transition Economies: A Comparative Meta-Analysis with Developed and Developing Economies”, Eastern European Economics, Vol. 55 (3), 2017, pp. 197-235.

● Karabchuk, T., K. Kumo, and E. Selezneva, Demography of Russia: From the Past to the Present, Palgrave Macmillan, London, UK, 2017.

2016年

● 岩﨑一郎,『法と企業統治の経済分析- ロシア株式会社制度のミクロ実証研究-』,一橋大学経済研究叢書63,岩波書店,2016年.

● 岩﨑一郎,「世界金融危機下ロシアの企業所有構造と経営監督体制:工業企業のパネルデータ分析」『比較経済研究』,第53巻第1号,2016年,pp.19-44.

● 上垣彰・岩﨑一郎,「移行経済における中央銀行の独立性:インフレーション抑制効果のメタ分析」『スラヴ研究』,第63号,2016年,pp.1-44.

● 雲和広,「ロシアにおける人口移動要因の変遷:人口移動マトリックスによる分析」『経済研究』,第67巻第3号,2016年,pp.215-237.

● 岩崎一郎・雲和広「危機と復興の移行経済:マクロ経済成長決定要因のメタ分析」『経済研究』,第67巻第4号,2016年,pp.326-338.

● 溝端佐登史・岩崎一郎,「ポスト私有化期の所有構造と企業パフォーマンス:移行経済研究のメタ分析」『経済研究』,第67巻第4号,2016年,pp.354-380.

● 雲和広,「ロシアの経済発展とシベリア極東開発」『ロシア・ユーラシアの経済と社会』,第1000記念号,2016年,pp.52-64.

● 雲和広,「ウズベキスタンの人口動態学」帯谷知可編『ウズベキスタンの人口動態』,明石書店,2016年.

● Iwasaki, I., M. Maurel, and B. Meunier, “Firm Entry and Exit during A Crisis Period: Evidence from Russian Regions”, Russian Journal of Economics, Vol. 2 (2), 2016, pp. 162-191.

● Iwasaki, I. and M. Tokunaga, “Technology Transfer and Spillovers from FDI in Transition Economies: A Meta-Analysis”, Journal of Comparative Economics, Vol. 44 (4), 2016, pp. 1086-1114.

● Iwasaki, I., “The Evolution of Corporate Governance in the Global Financial Crisis: The Case of Russian Industrial Firms”, Journal of Governance & Regulation, Vol. 5 (4), 2016, pp. 16-39.

● Iwasaki, I. and T. Suzuki, “Radicalism versus Gradualism: An Analytical Survey of the Transition Strategy Debate”, Journal of Economic Surveys, Vol. 30 (4), 2016, pp. 807-834.

● Kumo, K., “Population Statistics of Russia: The Russian Empire, the Soviet Union and the Russian Federation”, In: Karabchuk, T., Kumo, K., and E. Selezneva, Demography of Russia: From the Past to the Present, Palgrave Macmillan, London, UK, 2016, pp. 11-62.

● Kumo, K., “Changes in Mortality: Meta-Analysis”, In: Karabchuk, T., K. Kumo, and E. Selezneva, Demography of Russia: From the Past to the Present, Palgrave Macmillan, London, UK, 2016, pp. 219-259.

● Kumo, K., “Interregional Migration: Analysis of Origin-to-Destination Matrix”, In: Karabchuk, T., K. Kumo, and E. Selezneva, Demography of Russia: From the Past to the Present, Palgrave Macmillan, London, UK, 2016, pp. 262-314.

● Kumo, K., “Research on Poverty in Transition Economies: A Meta-analysis on Changes in the Determinants of Poverty”, Transition Studies Review, Vol. 23 (1), 2016, pp. 37-60.

● Igarashi, N., and K. Kumo. “Women's Voices: Gender Survey in Tajikistan”, Hitotsubashi Journal of Social Studies, Vol. 47 (1), 2016, pp. 11-30.

● Karabchuk, T., K. Kumo, and E. Selezneva, Demography of Russia: From the Past to the Present, Palgrave Macmillan, London, UK, 2016.

● КУМО, К., и Т. ЛИТВИНЕНКО, “Население Чукотки в пространстве и времени”, Российские регионы: взгляд в будущее, Vol. 3, 2016, pp. 50-66.

2015年

● 岩﨑一郎・鈴木拓,「急進主義 対 漸進主義: 移行戦略論争の体系的レビュー」,『経済研究』,第66巻第1号,2015年,pp.35-54.

● 雲和広,「ロシアの人口動態:市場構造と労働供給の今後」,『ロシアNIS経済調査月報』,第60巻第2号,2015年,pp.1-12.

● 雲和広,「ロシアの社会保障をめぐる社会経済環境の変化」,『海外社会保障研究』,第191巻,2015年,pp.6-15.

● 雲和広,「文書館資料とマイクロデータに見るソ連・ロシアの人口」,『Eco-Forum』,第30巻第3号,2015年,pp.39-44.

● 雲和広,「移行経済諸国における所得貧困研究:貧困決定要因変化のメタ分析」,『経済研究』,第66巻第1号,2015年,pp.72-93.

● 雲和広,「ロシアの経済発展とシベリア極東開発」,『ロシア・ユーラシアの経済と社会』,第1000号,2015年,pp.52-64.

● 堀江典生・雲和広,「欧州移行経済における社会主義的遺制と人事労務管理:体系的レビュー」,『経済研究』,第66巻第1号,2015年,pp.55-71.

● Iwasaki, I., and K. Suganuma, “The Impact of FDI and Socio-Cultural Similarity on International Trade: Poisson Pseudo-Maximum Likelihood Estimation of a Russian Trade Model”, Economics Bulletin, Vol. 35 (2), 2015.

● Iwasaki, I., and K. Suganuma, “Foreign Direct Investment and Regional Economic Development in Russia: An Econometric Assessment”, Economic Change and Restructuring, Vol. 48 (3), 2015, pp. 209-255.

● Kumo, K., and Korgun, I. “Economic Development, Geography, and Trade: Evidence from Russian Regions, 2000-2012”, Global Policy and Governance, Vol. 41 (2), 2015, pp. 77-88.

● Коргун, И. и Кумо, К., “Внешняя торговля и экономическое развитие российских регионов в 2000-2012 гг.”, Вестник Санкт-Петербургского Университета: Серия Экономика, вып. 2, 2015, стр.47-71.

2014年

● 岩﨑一郎・菅沼桂子,『新興市場と外国直接投資の経済学:ロシアとハンガリーの経験』,日本評論社,2014年.

● 岩﨑一郎・菅沼桂子,「ロシアへの外国直接投資と地域経済成長」,『比較経済体制研究』,第20号,2014年,pp.54-75.

● 雲和広,『ロシア人口の歴史と現在』岩波書店 一橋大学経済研究叢書62,2014年.

● Iwasaki, I., “Corporate Form, Institutional Complementarity, and Organizational Behavior: Open versus Closed Joint-Stock Companies in Russia”, In: Boubaker, S. and Nguyen, D. K. eds., Corporate Governance in Emerging Markets: Theories, Practices and Cases, Springer Verlag, Berlin, 2014, pp. 157-195.

● Iwasaki, I., “Global Financial Crisis, Corporate Governance, and Firm Survival: The Russian Experience”, Journal of Comparative Economics, 42 (1), 2014, pp. 178-211.

● Iwasaki, I., “What Determines Audit Independence and Expertise in Russia? Firm-Level Evidence”, Corporate Ownership & Control, 11 (2), 2014, pp. 81-107.

● Kuboniwa, M., “A Comparative Analysis of the Impact of Oil Prices on Oil-Rich Emerging Economies in the Pacific Rim” Journal of Comparative Economics, Vol. 42, pp. 328-339.

2013年

● 久保庭眞彰,「ロシアの経済成長と製造業のアップグレード」,『ユーラシア研究所レポート』,2013年7月2日.

● 岩﨑一郎, 「中央アジア第二次産業の長期発展経路:百年統計の構築と比較経済分析」,『アジア経済』,第54巻第1号,2013年3月,pp.2-46.

● 岩﨑一郎・徳永昌弘, 「外国資本と体制転換:市場経済化20年史のメタ分析」,『経済研究』,第64巻第4号,2013年10月,pp.353-378.

● 五十嵐徳子・雲和広,「タジク女性の声:タジキスタンミクロサーベイより」,『ロシア・ユーラシアの経済と社会』,第965号,2013年1月.

● 雲和広・マリーナ・ブルコヴァ,「ミクロデータを利用したロシア・旧ソ連諸国におけるジェンダー状況把握の可能性」,『ロシア・ユーラシアの経済と社会』,第965号,2013年1月.

● 武田友加,「移行経済下ロシアの貧困・平等:効率から公正へ」『HQ』(一橋大学),2013年,第37号,pp.35-37.

● Rosefielde, S., Kuboniwa, M., and Mizobata, S., Prevention and Crisis Management: Lessons for Asia from the 2008 Crisis, Singapore: World Scientific Pub., 2013.

● Iwasaki, I., “Firm-Level Determinants of Board System Choice: Evidence from Russia”, Comparative Economic Studies, 55 (4), 2013, pp. 636-671.

2012年

● 久保庭眞彰,「危機のなかのロシア経済:「多様化政策バージョン2.0」の可能性」,『国際問題』,No.613,2012年7・8月[合併号],pp.16-32.

● 久保庭眞彰, 「ロシア経済と石油」 ,『経済研究』,第63巻第2号,2012年4月,pp.128-142.

● 岩崎一郎, 「ロシア企業の執行機関―株式会社のミクロ実証分析―」 『経済研究』,第63巻第2号,2012年4月,pp.155-170.

● 雲和広,「減少する人口」堀内賢志・齋藤大輔・濵野剛(編)『ロシア極東ハンドブック』,東洋書店, 2012年,pp.150-155.

● 雲和広, 「ロシアの死亡動態再考―サーベイ―」 ,『経済研究』,第63巻第2号,2012年4月,pp.171-187.

● 武田友加,「ロシア農村における個人副業経営のセーフティネット機能:ロシア家計調査の個票データに基づく実証分析」『経済研究』,第63巻第4号,2012年,pp.305-317.

● 武田友加,「ロシア農村におけるインフォーマル就労と農外雇用―経済成長下での個人副業経営の役割と変容」野部公一・崔在東(編)『20世紀ロシアの農村世界』,日本経済評論社,2012年,pp.339-361.

● 志田仁完,「ソ連構成共和国の住民貨幣収支推計,1960-1989」,『比較経済研究』,第49巻第1号,2012年,pp.45-57.

● Bojnec, S., Brada, J.C., and Kuboniwa, M., eds., Overcoming the Crisis: Economic and Financial Developments in Asia and Europe, Koper: University of Primorska Press, 2012.

● Kuboniwa, M., “Diagnosing the ‘Russian Disease’: Growth and Structure of the Russian Economy”, Comparative Economic Studies, 54 (1), 2012, pp. 121-148.

● Iwasaki, I. and Suzuki, T.,“The determinants of corruption in transition economies”, Economics Letters, 114 (1), 2012, pp. 54-60.

● Kumo, K.,“Demographic Situations and Development Programs in the Russian Far East and Zabaikalye”, In: Sangtu Ko and Kyong Wan Lee, eds., Risks and Opportunities of the Energy Sector in East Siberia and the Russian Far East: For Better Risk Management and Sustainable Energy Development, LIT-Verlag, Zurich, October 2012, pp.65-86.

● Kumo, K.,“Determinants of Childbirth in Russia: A Micro-Data Approach”, Hitotsubashi Journal of Economics, 53 (1), 2012, pp. 49-70.

● Kumo, K.,“Tajik Labor Migrants and Their Remittances: Is Tajik Migration Pro-Poor?” Post-Communist Economies, 24 (1), March 2012, pp. 87-109.

● Takeda, Y., “Poverty lines in Russia”, In: ILO (ed.)., Methods for Estimating the Poverty Lines: Four Country Case Studies, 2012, ILO Decent Work Technical Support Team and Country Office for Eastern Europe and Central Asia, pp. 65-80.

● Кумо, К., Таджикские трудовые мигранты и их денежные переводы (Tajik Labor Migrants and Their Remittances) // Экономика Региона (Regional Economy), №2, 2012, стр. 285-301.

● Такэда, Ю., Структура занятости на селе и личное подсобное хозяйство в период экономического роста в России // ХХ век и сельская Россия, Вып. 2 (CIRJE-R-9). Под ред. Х.Окуды, Токио: CIRJE, 2012, C. 250-274.

2011年

● 久保庭眞彰,『ロシア経済の成長と構造 資源依存経済の新局面』(一橋大学経済研究叢書58、岩波書店、2011年).

● 雲和広, 「タジキスタンの国際労働移民と海外送金」 『経済研究』,第62巻第2号,2011年4月,pp.113-128.

● 雲和広,『ロシアの人口問題―人が減りつづける社会―』,東洋書店 ユーラシア・ブックレット No.167, 2011年10月.

● 武田友加,「移行期ロシアの貧困と不平等:格差容認から格差是正へ」,『世界の社会福祉年鑑 2011年版』旬報社,2011年,pp.21-32.

● 武田友加,『現代ロシアの貧困研究』,東京大学出版会,2011年.

● 武田友加,「労働市場と社会政策」,吉井昌彦・溝端佐登志編著『シリーズ・現代の世界経済 現代ロシア経済論』,ミネルヴァ書房,2011年,pp.117-134.

● 道上真有・雲和広,「ロシア長期家計モニタリング調査(Russia Longitudinal Monitoring Survey, RLMS)からみた居住環境と住宅政策の問題」,『ロシア・ユーラシアの経済と社会』,第952号,2011年12月,pp.2-22.

● 志田仁完,「ソ連構成共和国における第二経済,1969-1988:アーカイブ資料に基づく新推計」『スラブ研究』,第58号,2011年,pp.123-157.

● Kuboniwa, M., “Petroshock: Lessons from BRICs”, In: Rosefield, S., Kuboniwa, M., and Mizobata, S., Two Asias: The Emerging Postcrisis Divide, World Scientific Pub., 2011.

● Kuboniwa, M.,“The Russian growth path and TFP changes in light of estimation of the production function using quarterly data”, Post-Communist Economies, 23(3), 2011, pp.311-325.

● Kuboniwa, M.,“Russian Growth Path in Light of the Production Function Estimation using Quarterly Data”, in I. Korhonen and L. Solanko eds., From Soviet Plans to Russian Reality, WSOY Pro, Helsinki, 2011, pp.39-51.

● Kuboniwa, M.,“Growth and Diversification of the Russian Economy in the Light of Input-Output Tables”, The Journal of Econometric Study of Northeast Asia, 7(2), 2011, pp.1-16.

● Frye, T. and Iwasaki, I., “Government directors and business-state relations in Russia”, European Journal of Political Economy, 27(4), 2011, pp.642-658.

● Kumo, K., Fertility Trends in Russia: Viewed through Micro-Data and Demographic Structure, Japanese Slavic and East European Studies, vo.31, 2011, pp.81-92.

● Rosefielde, S., Kuboniwa, M., and Mizobata, S., eds., Two Asias: The Emerging Postcrisis Divide, World Scientific Pub., 2011.

● Кумо, К., Таджикские трудовые мигранты и их денежные переводы// Миграционный мост между Центральной Азией и Россией, Рязанцев , С.В. и Каримов, О.К. ред., Москва, Экон-информ, Oct. 31, 2011, стр.308-315.

● Коллектив авторов (incl. Кумо, К.), Миграция и миграционная политика Россииской Федерации// Российская академия наук, Москва, September 2011.

● Игараси, Н. и Кумо, К., Голоса женщин: гендерные исследование в Тажикистане// Миграционный мост между Центральной Азией и Россией, Рязанцев, С.В. и Каримов, О.К. ред., Москва, Экон-информ, Oct.31, 2011, стр.222-230.

2010年

● 久保庭眞彰,「ロシア経済の産業構造とスカイラインチャート」,『ロシア・ユーラシア経済』第936号, pp.2-14, 2010年8月.

● 久保庭眞彰,「「ロシア病(Russian Disease)」の病理と診断:成長と構造の再検討」,『経済研究』61(3), pp.261-285,2010年7月.

● 岩崎一郎,ロシア企業の取締役会構成 ―株式会社のミクロ実証分析―」,『経済研究』61(4), pp.358-379, 2010年10月.

● 岩崎一郎,「ロシアの企業監査体制―株式会社のミクロ実証分析―」,『月刊監査研究』36(9), pp.23-52,2010年9月.

● 岩崎一郎・鈴木拓,『比較経済分析:市場経済化と国家の役割』,ミネルヴァ書房,2010年,xvii + 349 pp.

● 雲和広,「ロシアの人口問題-出生動向を中心に-」,『ユーラシア研究』,No.43, 2010年11月25日, pp.27-32.

● 松野周二・雲和広,「国境周辺の地域経済と発展計画」,『中ロ経済論』,大津定美・松野周二・堀江典生編,ミネルヴァ書房,第1部第3章,pp.35-64, 2010年7月.

● 雲和広,「中央アジア地域の人的資源と社会状況:ロシアとの経済連関」,『現代中央アジア・ロシア移民論』,堀江典生編,ミネルヴァ書房,pp.3-30,2010年4月.

● 雲和広,「ロシアにおける出生規定要因:マイクロデータによる接近」,『経済研究』61(1), pp.1-17, 2010年1月.

● Abe, N. and Iwasaki, I., “Organizational Culture and Corporate Governance in Russia: A Study of Managerial Turnover”, Post-Communist Economies, 22(4), 2010, pp.449-470.

● Kumo, K., Explaining Fertility Trends in Russia// Россия и страны Северо-восточной Азии: Вопросы экономического сотрудничества, под. ред. Татаркина, А.И., Институт экономики Уральского отделения РАН, Екатеринбург, October 5, 2010, стр.19-27.

● Kumo, K.,Explaining Fertility Trends in Russia, VoxEU (June 2, 2010).

● Kumo, K., Explaining Fertility trends in Russia, Natural Resource Development, Population and Environment in Russia, Japan Foundation & Institute MIRBIS, 2010, Moscow, pp.69-77.

● Kumo, K., Demographic Situations and Development Programs in the Russian Far East and Zabaikalye, Risks and Opportunities in Siberia and Russian Far East, Russia-CIS Institute, Korea University, Seoul, June 2010, pp.24-39.

● Takeda, Y., “Equivalence Scales for Measuring Poverty in Transitional Russia: Engel's Food Share Method and the Subjective Economic Well-being Method”, Applied Economics Letters, 17(4), 2010, pp.351?355.

● Takeda, Y., “Is Russian Economic Growth Pro-poor?,” In: Uegaki, A. and S. Tabta, eds., The Elusive Balance: Regional Powers and the Search for Sustainable Development (Comparative Studies on Regional Powers, No.2), Sapporo: Slavic Research Center, Hokkaido University, 2010, pp.129?142.

● Кумо, К., Детерминанты рождаемости в России: подход на основе микроданных, ДОСТОЙНЫЕ УСЛОВИЯ ТРУДОВОЙ ЖИЗНИ КАК ОСНОВА РАЗВИТИЯ ОБЩЕСТВА, Федченко А.А. и Эйтингон В.Н. ред., Воронежский государственный университет, Воронеж, мая 2010.

2009年

● 一橋大学経済研究所ロシア研究センター編『CIS地域の実効経済圏と産業政策』平成20年度トヨタ自動車株式会社委託研究,研究成果報告書,2009年4月.

● 岩﨑一郎「中央アジア・コーカサス地域の市場構造とマクロ経済情勢」同上書,pp.1-23.

● 雲和広「人的・社会的指標から見る中央アジア・コーカサス地域」同上書,pp.24-61.

● 久保庭眞彰「中央アジア・コーカサス地域の産業構造と産業政策」同上書,pp.62-82.

● 久保庭眞彰「中央アジア・コーカサス地域への外国直接投資」同上書,pp.83-97.

● 久保庭眞彰「中央アジア・コーカサス地域の貿易関係」同上書,pp.98-136.

● 久保庭眞彰「中央アジア・コーカサス地域とCIS実効経済圏」同上書,pp.137-143.

● 久保庭眞彰 「ロシアの新分類産業連関表」猪俣哲史・桑森啓編『2005年 BRICs国際産業連関表の作成と利用』アジア経済研究所,2009年3月,pp.27-51.

● 久保庭眞彰・遊佐弘美 『カザフスタンの電力関連分野における投資環境調査』海外投融資情報財団,2009年3月.

● 久保庭眞彰 「ロシア経済の成長と多様化」『経済研究』60(1),2009年1月,pp.1-15.

● 鈴木拓・岩﨑一郎「移行諸国の汚職水準とその決定要因」『比較経済研究』46(1), 2009年1月,pp.97-114.

● 関啓子『アムールトラに魅せられて-極東の自然・環境・人間』, 東洋書店, 2009年.

● 日臺健雄「世界金融危機下のロシア経済-統計データによる概観-」 『石油・天然ガスレビュー』第43巻第3号,pp.19-36,2009年5月.

● Abe, N. and Iwasaki, I., “Impact of Corporate Governance and Performance on Managerial Turnover,” In: Dolgopyatova, T. G., Iwasaki, I. and Yakovlev, A. A. eds.. Organization and Development of Russian Business: A Firm-Level Analysis, Palgrave Macmillan, Basingstoke, 2009, pp. 122-147.

● Iwasaki, I., “The Structure of Corporate Boards,” In: Dolgopyatova, T. G., Iwasaki, I. and Yakovlev, A. A. eds.. Organization and Development of Russian Business: A Firm-Level Analysis, Palgrave Macmillan, Basingstoke, 2009, pp. 89-121.

● Iwasaki, I., “Legal Form of Incorporation,” In: Dolgopyatova, T. G., Iwasaki, I. and Yakovlev, A. A. eds.. Organization and Development of Russian Business: A Firm-Level Analysis, Palgrave Macmillan, Basingstoke, 2009, pp. 62-88.

● Dolgopyatova, T. G., Iwasaki, I. and Yakovlev, A. A., “The Emergence of Russian Corporations: From the Soviet Enterprises to a Market Firm,” In: Dolgopyatova, T. G., Iwasaki, I. and Yakovlev, A. A. eds.. Organization and Development of Russian Business: A Firm-Level Analysis, Palgrave Macmillan, Basingstoke, 2009, pp. 12-35.

● Dolgopyatova, T., Iwasaki, I. and Yakovlev, A., eds., Organization and Development of Russian Business: A Firm-Level Analysis, Palgrave Macmillan, Basingstoke, 2009.

● Iwasaki, I. and Suganuma, K., “EU Enlargement and Foreign Direct Investment into Transition Economies Revisited,” Transnational Corporations, 18(3), 2009, pp. 27-57.

● Кубонива, М. (2009), Настоящие и будущие проблемы развития автопромышлености в России, А. П. Заостровцев (ред.), Экономика и прово, ≪Наука≫, Санкт-Петербург, с. 300-313.(Kuboniwa, M. (2009), “Nastoiashchie i budushchie problemy razvitiia avtopromyschlennosti v Rossii,” Ekonomika i Pravo, pod redaktsiei kandidata ekonomicheskikh nauk A. P. Zaostrovtseva, Sankt-Peterburg, 《Nauka》, s. 300-313)

● Долгопятова, Т.Г., Ивасаки, И., Яковлев, А.А., Российский бизнес 20 лет спустя: путь от социалистического предприятия к рыночной фирме, Мир России, № 4, 2009, сс.89-114. (Dolgopyatova, T., Iwasaki, I. and Yakovlev, A., Rossiiskii biznes 20 let spustia: put' ot sotsialisticheskogo predpriiatiia k rynochnoi firme, Mir Rossii, No.4, 2009, ss.89-114.)

● Кумо, К., Экономика Российского Дальнего Востока и Северо-Восточная Азия (Economic Situations in the Russian Far East and North-East Asia), in Japanese Slavic and East European Studies, 29, 2009, pp.27-48.

2008年

● 久保庭眞彰・遊佐弘美『サンクトペテルブルグ市事業環境調査』海外投融資情報財団,2008年8月.

● 久保庭眞彰「ロシア経済の長期展望:BRICs の中のロシア」『貿易と関税』2008年3月,pp.18-34.

● 久保庭眞彰「ロシア経済多様化の展望:産業構造転換の可能性」(財務省委嘱報告書)『ロシア問題研究会』国際金融情報センター,2008年3月,pp.51-64.

● 久保庭眞彰「経済的ファンダメンタルズの現状と展望」一橋大学経済研究所ロシア研究センター編『ロシアの自動車産業政策』平成19年度トヨタ自動車株式会社委託研究,研究成果報告書,2008年3月,pp.1-23.

● 久保庭眞彰・杉本侃「自動車産業発展政策」同上書,pp.64-85.

● 久保庭眞彰・ブレジンスカヤ,O.「部品生産拡大と自動車産業クラスター形成:動向と問題の所在」同上書,pp.86-104.

● 池本修一・岩﨑一郎・杉浦史和 編著『グローバリゼーションと体制移行の経済学』文眞堂,2008年,iv+270 pp.

● 池本修一・岩﨑一郎・杉浦史和「グローバリゼーションと体制移行の経済学:問題意識と分析視角」『グローバリゼーションと体制移行の経済学』(池本修一・岩﨑一郎・杉浦史和 編著)文眞堂,2008年,pp. 1-11.

● 雲和広「ロシア極東ザバイカル地域開発と人口動態」,『極東・東シベリアに関する調査』,外務省受託調査報告書,2008年4月,pp.140-154.

● 雲和広・森永貴子・志田仁完「ロシアの長期人口統計」『経済研究』59(1),2008年,pp. 74-93.

● キャンベル,A.・溝端佐登史・横川和穂「ロシアにおける制度の移行と地方自治―2003年新地方自治法の導入とその影響―」『比較経済体制研究』第14号,2008年2月,pp.44-65.

● Kuboniwa, M. “Developments of Russian Input-Output Tables,” in Inomata, S. and Kuwamori, H. eds., Compilation of the International Input-Output Tables for the BRICs-A Feasibility Study, Development Studies Center, Institute of Developing Economies, JETRO, March 2008, pp. 11-48.

● Iwasaki, I., "The Determinants of Board Composition in a Transforming Economy: Evidence from Russia", Journal of Corporate Finance, 14 (5), pp.532-549.

● Yokogawa, K., "Varieties of Capitalism and Russian Transformation: Analysis through a Comparison of Local Finance", in Mizobata S., ed., Varieties of Capitalism and Transformation, The 21st Century COE Programme, Center for Advanced Economic Analysis in Kyoto Institute of Economic Research, Kyoto University, March 2008.

2007年

● 西村可明・岩崎一郎・杉浦史和「ロシア経済体制転換の15年:回顧と展望(上)(下)」『世界経済評論』(627), 2007年11月, pp. 23-30; (628),2007年12月, pp. 30-44.

● 久保庭眞彰「転換点のロシア経済成長:供給サイドと所得サイド」『経済研究』58(3), 2007年, pp. 246-262.

● 雲和広・バクラーノフ, P. Ya.「ロシアにおける経済地理学の課題と現代ロシア地域経済」『ロシア・ユーラシア経済調査資料』(899), 2007年5月, pp. 2-15.(森永貴子・志田仁完訳)

● 雲和広「ロシア極東経済の展望」『えーじぇっく・れぽーと』44(7),北陸AJEC,2007年,pp. 22-28.

● 雲和広「ロシア極東地域開発の展望」『ロシア中央アジアの石油・天然ガス投資環境調査』, 独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構受託調査報告書, 2007年4月.

● 関啓子「クルグズスタンの教育改革と国民形成」『ロシア・ユーラシア経済調査資料』 (902), 2007年9月号.

● Dallago, B. and Iwasaki, I., eds., Corporate Restructuring and Governance in Transition Economies, Palgrave Macmillan, Basingstoke, 2007, xvi + 300 pp. 

● Iwasaki, I., “Enterprise Reform and Corporate Governance in Russia: A Quantitative Survey,” Journal of Economic Surveys, 21(5), 2007, pp. 849-902.

● Iwasaki, I. and Suzuki, T., “Transition Strategy, Corporate Exploitation, and State Capture: An Empirical Analysis of the Former Soviet States,” Communist and Post-Communist Studies, 40(4), 2007, pp. 393-422.

● Iwasaki, I., “Corporate Law and Governance Mechanism in Russia,” In: Dallago, B. and Iwasaki, I., eds., Corporate Restructuring and Governance in Transition Economies, Palgrave Macmillan, Basingstoke, 2007, pp. 213-249.

● Kumo, K., “Inter-regional Population Migration in Russia: Using an Origin-to-Destination Matrix,” Post-Communist Economies, 19(2), 2007, pp. 131-152.

● Ивасаки, И., Правовая форма акционерных обществ и корпоративное поведение в России// Вопросы Экономики. (1), 2007, c. 112-123.

● Кумо, К., Миграция Населения в Постсоветской России// Экономическая Наука Современной России. (2), 2007, с. 132-145.

2006年

● 久保庭眞彰「ロシア人口の1990年代危機と長期展望」西村可明編著『移行経済国の年金改革』,ミネルヴァ書房,2006年,pp. 237-276.

● 雲和広「ロシアにおける地域間人口移動:Origin-to-Destination表の利用」『経済研究』57(3),2006年,pp. 208-223.

● 雲和広「ロシアの地域経済・極東を中心に」『JICインフォメーション』(140),JIC旅行センター,2006年9月,pp. 2-5.

● 関啓子「人づくりの多様なベクトルが錯綜するアリーナ」北川誠一・前田弘毅・廣瀬陽子・吉村貴之編『コーカサスを知るための60章』, 明石書店, 2006年, pp.278-282.

● 横川和穂「移行期ロシアにおける住宅・公益事業と地方財政」『比較経済体制研究』第13号,2006年12月,pp.42-58.

● Kuboniwa, M. and Nishimura, Y., eds., Economics of Intergenerational Equity in the Transition Economies, Maruzen, Tokyo. 2006.

● Kuboniwa, M., Economics of Intergenerational Equity in the Transition Economies“Russia’s Population Crises in the 1990s and in the Long Run,” In: Kuboniwa, M. and Nishimura, Y. eds., Economics of Intergenerational Equity in the Transition Economies, Maruzen, Tokyo, 2006, pp. 297-340.

● Ивасаки, И., Корпоративное право и организационный выбор: открытые и закрытые акционерные общества в России// Российский Журнал Менеджмента. 4(3), 2006, с. 55-76.

● Кумо, К., Экономика Российского Дальнего Востока и Северо-Восточная Азия: Взгляд из Японии// Проблемы Современной Экономики. (3/4), 2006, с.156-158.

● Фуджита, М., Кумо, K., Зубаревич, H. Экономическая география и регионы России// Торговая политика и значение вступления в ВТО для развития России и стран СНГ: Руководство, под ред. Дэвида Г. Тарра, Всемирный Банк, 2006, Москва, с. 545-558.

● Гото, Ю., Кумо, K., Зубаревич, H., Торговая политика и вступление в ВТО: последствия для российских регионов// Торговая политика и значение вступления в ВТО для развития Росси и и стран СНГ: Руководство, под ред. Дэвида Г. Тарра, Всемирный Банк, 2006, Москва, с. 559-567.

2005年

● 岩崎一郎「新世紀ロシアのコーポレート・ガバナンス」『経済研究』56(2),2005年,pp. 162-185.

● 雲和広「ロシアにおける地域間人口移動とその背景」(第8章)大津定美編著『北東アジアにおける国際労働移動と地域経済開発』,ミネルヴァ書房,2005年,pp.141-158.

● 雲和広「ロシア極東地域の経済開発と北東アジア」『東アジアへの視点』16(3),国際東アジア研究センター(ICSEAD),2005年9月,pp. 24-35.

● 雲和広「ロシア経済いまむかし」『JICインフォメーション』(134),JIC旅行センター,2005年9月,pp.2-5.

● 関啓子「カフカースにおけるグローバリゼーションと人間形成」『ロシア・ユーラシア経済調査資料』 2005年10月,pp.2-12.

● 横川和穂「ロシアにおける財政改革と地方自治体財政の変容―『ロシア連邦における2005年までの財政連邦主義発展プログラム』を中心に―」『ロシア・東欧研究』第33号,2005年9月,pp.106-121.

● Kuboniwa,M., Tabata, S. and Ustinova, N., ”How Large Is the Oil and Gas Sector of Russia? A Research Report,” Eurasian Geography and Economics, 46(1), 2005, pp.68-76.

● Kuboniwa, M. “Russian Oil and Gas Industry and its International Implications”, Report on Economic Reforms in Russia(平成16年度内閣府委託調査『ロシアの経済改革に関する調査報告書』)JIRI, March 2005, pp.7-30.

● Kuboniwa, M. "An Analysis of Expansion of the Trade Service Sector in Russia," in Yasin, E. ed., Modernization of Russian Economy Vo.1, Higher Scholl of Economics Press (Dom GU VShE), Moscow, 2004, pp. 322-339.

● Iwasaki, I. and Suganuma, K., “Regional Distribution of Foreign Direct Investment in Russia,” Post-Communist Economies, 17(2), 2005, pp. 153-172.

2004年

● 久保庭眞彰「ロシア経済成長の新たな波と産業構造」『経済研究』55(2),2004年,pp. 135-154.

● 久保庭眞彰「旧ソ連のマクロ経済動向と石油・ガスフローの基本問題」『平成15年度 財務省委託 「旧ソ連諸国の経済に関する諸問題と開発金融」に係る研究会報告書』海外投融資財団, 2004年2月, pp. 1-17.

● 雲和広「拡大する地域経済格差」(第8章)大津定美・吉井昌彦編『世界経済叢書 ロシア・東欧経済論』,ミネルヴァ書房,2004年,pp. 153-169.

● 雲和広「ソビエト初期地域工業化過程:ソ連中央統計局内部資料による再検討」『経済研究』(大阪府立大学)50(1), 2004年12月,pp. 81-94.

● 雲和広「ロシアにおける人口移動:重力モデルの適用」『比較経済体制学会年報』41(1),2004年,pp. 49-56.

● 雲和広「ロシア経済の展望:ロシア経済のいま 第3回」『バンコク日本人商工会議所 所報』(503),盤谷日本人商工会議所,2004年2月,pp. 28-36.

● 雲和広「ロシアにおける消費市場の動態:ロシア経済のいま 第2回」『バンコク日本人商工会議所 所報』(502),盤谷日本人商工会議所,2004年1月,pp. 70-78.

● 関啓子「緑地保全と環境教育―モスクワを事例に―」『ロシア・ユーラシア経済調査資料』2004年11月,pp.2-11.

● 関啓子「ロシアのジェンダー問題」『ロシア・ユーラシア経済調査資料』2004年5月,pp.2-8.

● 浅川あや子「ペレストロイカの下での国有企業改革-国家発注制度の実施とその限界-」『ロシア史研究』第75号,2004年11月,pp.57-73.

2003年

● 岩崎一郎「ロシア企業の法制構造」『経済研究』54(3),2003年,pp. 223-236.

● 雲和広『ソ連・ロシアにおける地域開発と人口移動:経済地理学的アプローチ』,大学教育出版,2003年.

● 雲和広「ロシアのマクロ経済:ロシア経済のいま 第1回」『バンコク日本人商工会議所 所報』(501),盤谷日本人商工会議所,2003年12月,pp. 51-59.

● 雲和広「ロシアにおける地域経済と人口移動:現状と展望」『ロシア・ユーラシア経済調査資料』(856),2003年10月,pp. 2-13.

● Kuboniwa, M. and Rosefielde, S., "Russian Growth Retardation Then and Now," Eurasian Geography and Economics, 44(2), 2003, pp. 87-101.

● Kuboniwa, M. “Developments of Two-Level Inter-budgetary Relations in Russia," Waseda Economic Papers, (42), 2003, pp. 1-24.

● Iwasaki, I., “The Governance Mechanism of Russian Firms: Its Self-enforcing Nature and Limitations,” Post-Communist Economies, 15(4), 2003, pp. 503-531.

● Kumo, K., Migration and Regional Development in the Soviet Union and Russia: A Geographical Approach, Beck Publishers Russia, Moscow, 2003.

● Kumo, K., “Migration and Regional Economy in Russia: Recent Trends and Their Backgrounds,” Far Eastern Studies, 2, 2003, pp. 1-14.

● Kumo, K., “Population Redistribution in the USSR: Time-Series Analysis on Inter-Union Republican Migration in the Former Soviet Union,” Japanese Slavic and East European Studies, 22, 2003, pp. 33-56.

2002年

● 久保庭眞彰・田畑伸一郎「ロシアにおける1990年代人口危機と長期人口危機」『経済研究』 53(3),2002年,pp. 247-267.

● 雲和広「ソ連における工業立地の時系列推移-地域工業生産の推計:試論 (上)(下)」『ロシア・ユーラシア経済調査資料』(835),2002年1月,pp. 2-16; (836),2002年2月,pp. 2-18.

● 関啓子『多民族社会を生きる―転換期ロシアの人間形成―』新読書社,2002年4月.

● Kuboniwa, M., "An Analysis of Singularities of Russia's Marketization Using Trade Margin Data," Journal of Econometric Study of Northeast Asia, 4(1), 2002, pp. 1-13.

● Iwasaki, I., “The State Budget Compilation Process in Russia: Institutional Framework and Practice,” Post-Communist Economies, 14(3), 2002, pp. 301-319.