HOME研究所紹介組織 ≫ 経済計測研究部門

経済計測研究部門

社会科学における実証研究の意義は、自然科学における実験に比すことができます。実証研究で重要なのは、長期間をカバーする統計の整備と個票データの利用可能性です。このような問題意識から本部門は、内外の研究者コミュニティーに開かれた経済研究所附属社会科学統計情報研究センターを運営し、日本とアジアの長期経済統計、産業・地域統計、生産性統計、等を推計・公開すると同時に、総務省統計局と連携して政府統計ミクロデータの利用環境整備を進めています。また傑出した蓄積データを基盤として、応用計量経済学,経済統計論,数量経済史、等の研究を進めています。

所属教員

宇南山卓
北村行伸
佐藤正広
白川清美
深尾京司
丸健