黒崎 卓のホームページへようこそ

Last revision: June 16, 2016

What's New?

大学院講義関係資料:一橋大学経済学研究科講義関連資料追加 (June 16, 2016)
業績・ワーキングペーパー追加、英語論文および日本語論文 (Apr 5, 2016)
『ストーリーで学ぶ開発経済学――途上国の暮らしから考える』(黒崎卓・栗田匡相、有斐閣ストゥデイア、2016年)の紹介 (April 5, 2016)

『これからの日本の国際協力:ビッグ・ドナーからスマート・ドナーへ』(黒崎卓・大塚啓二郎編著、日本評論社、2015年)の紹介 (April 3, 2015)
Curriculum Vitae, revised (Apr 3, 2015)
科学研究費(基盤S) 「途上国における貧困削減と制度・市場・政策:比較経済発展論の試み(PRIMCED)」へのリンク(Nov 16, 2010)
『貧困と脆弱性の経済分析』(黒崎卓、勁草書房、2009年)の紹介 (April 9, 2009)
<開発のミクロ経済学>『教育と経済発展:途上国における貧困削減に向けて』の紹介 (October 1, 2004)
読書案内:日本語で読むアマルティア・セン 、修正・追加(October 1, 2004)
フィールド調査、ミャンマー農村に写真追加 (October 11, 2002)
フイールド調査、2002年8月、パキスタン調査 (October 11, 2002)
フイールド調査から(2):稲と雑穀のデカン高原 (July 24, 2000)
新刊紹介:アマルティア・セン著、黒崎・山崎訳『貧困と飢饉』 (March 21, 2000)
フイールド調査から(1):2000年2月、パキスタン (March 21, 2000)
Everything is new (December 13, 1999)

 私、黒崎 卓(くろさき たかし)は、一橋大学経済研究所の教授です。比較経済・世界経済研究部門というセクションで、開発経済学、とりわけ南アジアの経済発展について研究しています。2010年4月から2016年3月までは、経済研究所附属の 経済制度研究センターの研究主任を兼任し、このセンターを足場に、5年間にわたる科学研究費(基盤S)プロジェクト 「途上国における貧困削減と制度・市場・政策:比較経済発展論の試み」(PRIMCED)を実施しました。また、大学院経済学研究科において、「開発経済論」、「開発政策論」といった講義を担当しています。私の研究および教育活動に関する情報については、下から選びクリックして下さい。また、英語版のホームページもありますのでご覧ください。

 2009年4月から6月までは、オーストラリア国立大学経済学プログラム、その前の2008年9月から2009年3月までは、アメリカ・カリフォルニア大学バークレー校の農業資源経済学部にて、それぞれ客員研究員として滞在し、国立を留守にいたしました。オバマ大統領の選挙や就任などをリベラルなバークレーで過ごせたことは貴重な経験でしたし、バークリーとキャンベラの両方で最新の研究を追うことができました。2001年9月から12月まで、アメリカ・イェール大学のEconomic Growth Centerに客員研究員として滞在した時には9.11テロのタイミングになったわけで、私が訪米すると大きな転機に当たるようです。この間、一橋大学では、2003年度から2007年度まで実施された21世紀COEプロジェクト、「社会科学の統計分析拠点構築」(Hi-Stat)及びその後継グローバルCOEプロジェクト、「社会科学の高度統計・実証分析拠点構築」に参加いたしました。

 2010年度より、私が代表で、科学研究費(基盤S) 「途上国における貧困削減と制度・市場・政策:比較経済発展論の試み(PRIMCED)」を5年間のプロジェクトとして実施しました。この研究費を用いて、この数年は、デリーのリキシャ引きや零細企業家調査、南インドのアーンドラ・プラデーシュ州での農村調査(家計内資源配分と児童労働、教育の質)、パキスタンのKhyber Pakhtunkhwa州での住民組織調査、パキスタンの家計調査ミクロデータ分析などに力を注いでいます。できればこのホームページの英語研究業績にてこれらの中間報告を報告したいのですが、なかなかページを改訂する時間が取れません。PRIMCEDのディスカッションペーパーをご覧いただけると幸いです。

日本語による研究業績

英語による研究業績

南アジア農村と開発経済学

大学院講義シラバス

フイールド調査:パキスタン

邦訳で読むアマルティア・セン

フイールド調査:インド・デカン高原

<開発のミクロ経済学>

フイールド調査:ミャンマーの農村より

『貧困と脆弱性の経済分析』


プライヴェート・ホームページ

 こちらのHPには、黒崎が撮った南アジア各国の写真、エッセイ、切手で語る南アジア現代史などが盛り込まれています。南アジア総合情報ホームページ、Mariamma's Homepageの一部ですので、こちらもぜひご覧ください。
感想、ご意見など、お待ちしております。メールのあて先は、

kurosaki at ier dot hit-u dot ac dot jp

"at"を@マーク(半角)、"dot"を半角の.に変え、スペースを抜いてください。